神様はじめました / ハナエ

2012年の10月より放送されているTVアニメ”神様はじめました”を皆さんご存知ですか?僕はよく知りません。調べてみると「花とゆめで連載されている女子高生と土地神の共同生活を描いた物語」らしいです。

さて、このアニメのオープニング曲とエンディング曲を聴いた人はいるでしょうか。オープニング曲はアニメタイトルと同じ神様はじめました。歌っているのは18歳のシンガーソングライター、ハナエ。ポップで和風でどこか昭和の香りを感じさせるこのオープニング曲。僕は聴いた時に畠中恵のしゃばけを連想しました。なので土地神ものアニメにはピッタリはまるんではないかと思います。

もしこの曲に相対性理論 (orやくしまるえつこ)を感じる人がいたら、それは正しい。ハナエの作詞・作曲をしたのが真部脩一さんですから。

真部脩一さんは相対性理論の元Bass。相対性理論で作詞作曲を行い、また最近はタルトタタンのプロデュースなどをしていました。彼の作る曲 (個人的にはギターのフレーズ) はとてもステキですね。女性vocalによく合います。「愛してルンルン 恋してルージュ 愛してるんだ 愛のメッセージ♪」「片思いは心の遠距離恋愛です♪」などという乙女ゴコロあふれる歌詞を作る圧倒的女子力も見逃せない。相対性理論を脱退した後もタルトトタタン、ハナエ、vocaloidなどをプロデュースしている真部さん。彼は今後どのような活動を見せてくれるのでしょうか。非常に楽しみです。