Boyz&Girlz / ハナエ

2013年4月現在、TBS系TV番組『王様のブランチ』のエンディングテーマとなっている曲をご存知でしょうか。この曲はハナエという歌手が歌っているBoyz&Girlz、元相対性理論の真部脩一さんが作詞・作曲を手がけています。

ほんわかとした音楽が耳に残るBoyz&Girlz。聴いたことがある方もそうでない方もPVがカワイイので見て下さい。特に「雄しべと雌しべが重なりその時二人はキュンキュン!」というフレーズが歌詞と振付の相乗効果によって頭に残ります。作詞・作曲は元相対性理論の真部脩一さんなわけですが、異常に女子力の高い歌詞とキャッチーなメロディは健在ですね。ハナエの歌を押し出すために後ろの楽器は抑えめにしてあるのでしょうか。「低音が継続音でアタックだけ薄くパチパチいう仕様は真部脩一ブーム」とのことです。サビから後ろでペコペコなってる音も面白いです。