Pioneer PT-R7

Pioneerのリボン型ツイーターPT-R7を貰った。ツイーターとは超高音域を再生するスピーカーユニットであり、PT-R7は4.5k〜100kHzまで比較的フラットに鳴らせると言われている。AXIOM-80の説明書を見ると10kHzあたりから特性が下がっていくので、このツイーターを足すと帯域が広がって良くなるのではないかと思った。

オーディオの考えには「フルレンジ一本ですべての帯域を再生する事こそ至高」「1本のユニットで高音も低音も鳴らすなど無理がある。再生帯域ごとにユニットを分けてシステムを構築すべきだ」などと色々あるが、あまり深く考えずに簡単な実験をすることにした。→スピーカーネットワークの制作

2019年現在、オーディオが部屋の一角に押しやられた関係でPT-R7からは音を出していない。折角なので使いたいのだが…。