ディアウォールで壁掛けテレビを達成した

  • 後ろの味気ない木材がツーバイフォー材。テレビ壁掛け用金具を木材に固定してある。

オーディオをやるスペースがないのが専らの悩みである。また新しく真空管アンプをもらったが置く場所がない、のでテレビ台の上をあけることにした。

テレビを壁掛けにしてスペースを稼ぐ、これが今回取り組むことである。しかし賃貸物件で壁に穴を開けて金具を取り付けるわけにもいかない。困った。そんな人のために簡易的な柱を立ててしまう道具が売られている。

作業は想像よりも簡単だった。スペースが空いたので無事に真空管アンプも置けた。本当はテレビ台の代わりにオーディオラックが置けると良いのだが今は我慢だ。取り敢えずスピーカーの配置を変えてしまったので測定とイコライジングはやり直さなくてはいけない。またやることが増えてしまった。

 

必要なもの

ディアウォールと言うこの製品はツーバイフォー材を天井と床のあいだの突っ張り棒にする製品だ。単純な割に高い気がするがまあ仕方がない。

次は取り付け金具である。純正品もあるがAmazonで売られている壁掛け用金具を買った。作りは意外なほどしっかりしている。上下の首振りは出来るが左右には振れないものだ。必要十分である。電動ドライバーを使った穴開け、ネジ止めにも慣れたので作業はすぐに終わった。水平を出すのに難儀するかと思ったが付属する水準器を使ったらバッチリと決まった。

ツーバイフォー材を買いに近くのホームセンターに行ったが2mを超えるものは売っていなかった。買えたとして電車にもタクシーにも乗せれない長さ、運搬方法が悩ましい。色々考えたが、結局はコメリのネット通販を使うことにした。他に比べて送料が異常に安いのだ。2.5mの木材を二本買って送料が千円足らずなのは申し訳なさまで感じる。片方若干反りがあったがそれはまあ仕方がないだろう。木材をのこぎりでカットして柱を二本立てるのは簡単だった。

コメントを残す