Nothing Lasts… But Nothing Is Lost / Shpongle

Simon PosfordとRaja Ramのユニット、Shpongleの3rdアルバム。2ndにハマってしまったのだが3rdも負けず劣らず良いアルバムだ。最初は大人しいなと感じるのだが3分半あたりからサイケ感が高まってきて一気にshpongleの世界に飲み込まれてしまう。20曲あるが、1曲1曲が2-3分ほどと非常に短い。切れ目が全く無いので正直どこから別な曲なのかがよくわからないがまあそんなことはどうでも良いのである。最初から最後までずっと気持ちが良い、トリップしっぱなしの67分を味わえる。

一番ツボったのは約60分目、Connoisseur Of Hallucinationsの木琴のメロディ。Levitation Nationのギターソロも甲乙つけがたいものがある。トランスという言葉が似つかわしくないくらい多様な楽器そしてボーカル。Shpongleは唯一無二だと言われるのがよく分かる。これは間違いなく最高の音楽の一つだ。

 

 

01.Botanical Dimensions
02.Outer Shpongolia
03.Levitation Nation
04.Periscopes Of Consciousness
05.Schmaltz Herring
06.Nothing Lasts…
07.Shnitzled In The Negev
08.But Nothing Is Lost
09.When Shall I Be Free?
10.The Stamen Of The Shamen
11.Circuits Of The Imagination
12.Linguistic Mystic
13.Mentalism
14.Invocation
15.Molecular Superstructure
16.Turn Up The Silence
17.Exhalation
18.Connoisseur Of Hallucinations
19.The Nebbish Route
20.Falling Awake

コメントを残す