Raw現像のソフト

Light Roomを使ったことが無かったので昨年末より試していた。悪くはないけれども凄く良くもないな、というのが率直な感想。あまり感覚的に使いこなせなかった。完全に誤解していたのは月々払であっても契約は一年だということ。途中解約すると残りの契約金の50%にあたる途中解約手数料を払わなくてはいけないのだ。まあ勉強代だと思って納得することにした。

現状はPhotoshop CS6 + Camera Rawで特に不満がない。使っているカメラはCamera Raw 9.11であれば問題なく現像できる (Camera Rawが対応するカメラ)。もし最新のカメラを買ってしまうとCS6では対応できずLight Roomを使わざるを得なくなるので (Camera Raw プラグインと Adobe アプリケーションの互換性) 、その時はまた考えることにする 。

NIKON純正のRaw現像ソフト (Capture NX-D) も併用していたけど使い勝手は良くなかった。他社カメラのraw現像はこれではできないことも問題となり、やはりいずれAdobe様にお布施を払いつづけるしかないのか、となっているところだ。

コメントを残す